地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

ご挨拶

 一般財団法人地域創造は、地方公共団体関係者が設立者となり、文化・芸術の振興によって創造性豊かな地域づくりを実現することを目的に、平成6年に設立されました。
 これまで、地域伝統芸能分野では、「地域伝統芸能等保存事業」を通じて、各地域の失われつつあり、かつ、記録に残されていない伝統芸能等(伝統芸能、伝統技能、祭り、伝説、神話、民話、習俗等)の保存・継承のための取り組みを支援してまいりましたが、平成18年4月からは、このように日本各地に脈々と受け継がれてきた地域の伝統芸能等の映像記録をデジタルコンテンツ化し、これを集約しインターネットで発信する「地域文化資産ポータル」を構築・運用しております。
 このポータルサイトは、逐次、発信する映像記録を追加し、現在、公開している各地域の伝統芸能等の映像記録は、400件を超えるものとなりました。
 今後とも、全国各地域の伝統芸能等を記録・保存し、そして発信することによって、その魅力や価値を広く多くの方々に認識していただき、全国民が郷土を愛し、誇りと親しみを持って地域づくりに取り組む機運が一層盛り上がることを期待しております。
 当財団としましても、地方公共団体における地域伝統芸能等の保存・継承、地域住民の新しいふるさとづくりへの取り組みや、文化・芸術を通じた地域づくりを、積極的に応援してまいりたいと思っております。

一般財団法人地域創造 理事長 
梶田 信一郎