地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 愛媛/大洲市
(
おおずし)

(旧長浜町
(
ながはまちょう)
)   
■関連分類:
豊茂とよしげ民俗文化みんぞくぶんか 五ツ鹿踊いつしかおどり・越後獅子えちごしし獅子舞ししまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 44 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 大州市豊茂地区には「豊茂五ツ鹿踊り」「越後獅子」「獅子舞」の三つの市指定無形民俗文化財があります。
 「豊茂五ツ鹿踊り」は、仙台藩主伊達正宗の長子秀宗が元和元年(1615)宇和島藩主として入府した際、故郷の民俗芸能であった八ツ鹿踊りの手練者を引き連れてきたのが起源とされ、各地に伝わる間に8人踊りが5人踊りになったといわれています。天保12年(1841)頃から今日まで165年間継承されてきました。
 雄獅子舞と雌獅子舞がある「獅子舞」も八ツ鹿踊りと一緒に伝えられたといわれています。大正6年(1917)頃、豊茂東地区で発足した「越後獅子」は、赤獅子と青獅子が同じ振付で踊り、赤獅子は無病息災、青獅子は家庭円満をもたらすといわれ、縁起の良い郷土芸能です。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方