地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 茨城/行方市
(
なめがたし)

(旧玉造町
(
たまつくりまち)
)   
■関連分類:
-常陸高野ひたちこうやひび西蓮寺節さいれんじぶし- 西蓮寺常行三昧会さいれんじじょうぎょうざんまいえ



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 30 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 西蓮寺の伝統行事である「常行三昧会(ジョウギョウザンマイエ)」は、寛治年間(1087年〜94年)に地元の長者が比叡山より移したものとされ、西蓮寺の末寺、問徒寺(モントジ)の僧侶が常行堂に集まり、9月24日から30日までの七日七夜にわたって堂内を廻りながら独特の節回しで立行誦経(ドキョウ)する大法要です。初日、中日、末日には、境内で学頭寺(ガクトウジ)の名残を彷彿(ホウフツ)とさせる雅な籠(カゴ)行列がみられます。
 また、「常陸高野(ヒタチコウヤ)」と呼ばれるように、この法要には、「仏立て」として宗旨の別なく近郷近在はもとより遠隔地からも新仏の供養に参拝人が訪れることでも知られています。今でもこの期間は門前に市が立ち、賑わいます。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方