地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 茨城/石岡市
(
いしおかし)
   
■関連分類:
染谷そめや十二座神楽じゅうにざかぐら 石岡市いしおかし 佐志能神社さしのじんじゃ



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 30 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 「十二座神楽」は関東地方で盛んに行われていた里神楽(サトカグラ)のひとつで、毎年4月19日に染谷(ソメヤ)の佐志能神社(サシノジンジャ)に奉納されます。大太鼓・鼓・笛・鈴が使用され、演者はそれぞれに扮装(キラ)を凝らし、巫女(ミコ)の舞以外は仮面をかぶって、無言の所作で表現します。全体の構成は、第一座「猿田彦(サルタヒコ)の舞」から始まり、第二座「矢大人(ヤダイジン)」、第三座「長刀(ナギナタ)つかい」、第四座「剣(ツルギ)の舞」、第五座「豆まき」、第六座「狐の田うない」、第七座「種まき」、第八座「巫女(ミコ)の舞」、第九座「鬼の餅まき」、第十座「みきの舞」、第十一座「えびすの舞」、第十二座「天の岩戸」で大団円となります。
 この神楽で使用される面は、石岡市の有形民俗文化財に指定されています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方