地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 長野/長野市
(
ながのし)

(旧戸隠村
(
とがくしむら)
)   
■関連分類:
宣澄踊せんちょうおどり 戸隠村重要無形文化財とがくしむらじゅうようむけいぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 44 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 戸隠(トガクシ)の「宣澄(センチョウ)踊り」は、戸隠山顕光寺における天台・真言の法論の最中、応仁2年(1468)に暗殺された天台宗大先遍、宣澄阿闇梨(センチュウアジャリ)を偲んだ踊りです。毎年旧盆の8月16日、野良着姿(普段着)に手拭で頬かぶりをした男性が五斉神社境内の宣澄社前に集まり、酒を酌み交わしながら踊ります。「踏む」「蹴る」の動作が中心の素朴な踊りで、前唄7つ・中唄5つ・後唄3つからなり、七五三踊りともいわれています。
 また、修験道(シュゲンドウ)に深く関連した踊りとされ、北信濃一帯に伝えられている烏踊・盆じゃもの・蹴りこみ踊・田の草踊などは、この宣澄踊りが起源と考えられています。現在では長野市無形重要文化財に指定され、保存会を通して後世へと受け継がれています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方