地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 山梨/北杜市
(
ほくとし)

(旧長坂町
(
ながさかちょう)
)   
■関連分類:
長坂町ながさかちょう稚児ちご巫女みこ)のまい 若宮八幡大神社わかみやはちまんだいじんじゃ伝統行事でんとうぎょうじ



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 34 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 稚児の舞は、毎年8月14日の夜、10歳になった氏子の中の少女らによって奉納される舞で、第一番「御幣(ゴヘイ)と鈴の舞」、第二番「剣と鈴の舞」、第三番「弓の舞」からなっています。
 村人たちを疫病(エキビョウ)や災害から守り、健康で平和な生活を営むことができることに対し、神に祈りを捧げる舞です。清純な少女たちが舞の奉仕者となったのは、少女たちが健康に成人し、やがてよい嫁、よい母になるようにという祈りが込められているからです。
 この舞は、長坂町長坂下条地区にある若宮八幡大神社(ワカミヤハチマンダイジンジャ)で300年前から代々伝えられており、市の無形文化財に指定されています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方