地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 長野/上田市
(
うえだし)
   
■関連分類:
のうこころ ここにかがやく 農民美術のうみんびじゅつ つちきるほこりとよろこ



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 30 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 農民美術とは長野県上田地域の伝統工芸品で、信州の高山植物などを題材にし、独特の彩色方法により木肌を生かした彫刻です。
 上田市ゆかりの洋画家である山本鼎(カナエ)が、大正期に、芸術とは縁のなかった農民の生活向上と生きがいや誇りを持たせることを目的に、農閉期(ノウカンキ)の副業として広げたのが始まりです。現在は、その「あたたかさ」から多くの人に土産物や記念品として愛される一方、より芸術的な作品も製作され、昭和57年には長野県の知事指定伝統工芸品に指定されています。
 本作品は、農民美術の興りや全国の民芸品に影響を与えていった様子などと共に、その製作工程を映像で克明に記録することを目的に制作されました。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方