地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 青森/八戸市
(
はちのへし)
   
■関連分類:
えんぶり



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 54 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 八戸のえんぶりは、豊年祈願の民俗芸能で、毎年2月17日から4日間行われます。えんぶりの名称は、田を均(ナラ)す「○(エブリ)」という農具からきたものと伝えられています。
 太夫(タユウ)と呼ばれる舞手が、頭に烏帽子(エボシ)を被り、ジャンキと呼ばれる棒を地面に突き立てたり摺ったりするような所作が特徴で、動きがゆっくりとした「ながえんぶり」とテンポが速い「どうさいえんぶり」に分類されます。合間に「松の舞」「恵比寿舞」「大黒(ダイコク)舞」などの祝舞や子どもたちによる「エンコエンコ」と呼ばれる舞などもあります。
 昭和54年に、国の重要無形民俗文化財に指定されています。※○=木偏に八

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方