地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 栃木/鹿沼市
(
かぬまし)
   
■関連分類:
栃窪とちくぼ天念仏てんねんぶつ



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 33 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

天念仏(天祭)と呼ばれる祭礼行事は、風雨順調・五穀豊穣を願う農民信仰を根源とし、かつては北関東を中心に広く盛行しました。一説に安永9年(1780)木喰上人により伝えられたといわれるこの栃窪でも4年に1度、旧暦4月7〜9日の3日間行われていました。行事はまず沢で身を清めた白装束の行人4人が、会場にしつらえた天棚(二階建彫刻付き山)の2階に祭壇を設けて上がり、神仏を勧請して般若心経や呪文を唱えます。その後、お囃子にあわせ行人が小精進(助行人)の若者たちと天棚周囲を念仏を唱えつつ廻ります。これを1日数回繰返して行い、行道の始めと終わりに「歌念仏」を演奏します。最終日には「梵天(幣束)」を神社にあげて全ての行事を終わります。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方