地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 佐賀/佐賀市
(
さがし)
   
■関連分類:
いにしえのみやびここに  白鬚神社しらひげじんじゃ田楽でんがく



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 34 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 白鬚神社の田楽は、毎年10月18、19日に行われる白鬚神社の祭典に川久保地区の人たちによって奉納される舞楽で、稚児田楽(チゴデンガク)の種類に属します。
 この田楽は、造花を持つ“はなかため”と鼓を持つ“すってんてん”の幼児各1名、編木(ササラ)を打つ“ささらつき”の少年4名、太鼓を打つ“かけうち”の青年2名、笛役の壮年7名の演者で行われます。各演者の所作扮装(ショサフンソウ)に特色があり、九州地方では珍しい存在です。
 白鬚神社における田楽の記録は、享保19(1734)年建設の石鳥居に「時奏村田楽(トキニソウスムラデンガク)」とあり、それが最初とされていますが、その起源は平安朝時代、田植えのおりに鼓を打って田植歌の伴奏をしたものが、後に笛、鼓などを加え、次第に形を整えて演奏する習慣となったものと思われます。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方