地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 滋賀/安土町
(
あづちちょう)
   
■関連分類:
継承けいしょうされる民衆みんしゅうまつ沙沙貴ささきまつり  〜滋賀県安土町しがけんあづちちょう 沙沙貴神社ささきじんじゃ



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 30 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

この安土町には、平安時代以前より、沙沙貴神社が祭られています。ご神体は「大毘古神(オオビコノミコト)」「少彦名神(スクナビコナ)」「仁徳天皇」「宇多天皇・敦賽親王(アツミシンノウ)」です。特に宇多天皇と親王は佐々木源氏の祖といわれています。沙沙貴神社では、江戸時代から、さまざまな行事が行われてきたが、その一部が今日まで受け継がれています。
 3月、「満寿(マンジュ)」と呼ばれる、42歳を過ぎた男子が中心となって、綱打ちが行われ、手桶綱など、複雑な結びが披露され、伝承されています。また、葭(アシ)を刈って、これを束ね大松明がつくられます。大松明は街中を引き回され、沙沙貴神社にお参りした後、広場に引き出され、五穀豊穣、家内安全を祈願して点火されます。その後、3台の神輿がひきだされ、決められた順序で「みこしの舞」を始めます。(行事開催日:4月・5月・10月)

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方