地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 長崎/対馬市
(
つしまし)

(旧上県町
(
かみあがたちょう)
)   
■関連分類:
稲作いなさくおどり  あやきり  仮名手本忠臣蔵かなてほんちゅうしんぐら  牛若丸うしわかまる



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 71 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

上県町の3地区に伝わる6つの民俗芸能を紹介しています。
綾きり(瀬田地区):起源は江戸初期から中期といわれ、厳原港から今里村までの名勝・難所を歌ったもので、歌と太鼓の囃子に合わせて、6人が踊ります。
仮名手本忠臣蔵:赤穂浪士の討ち入りを室町時代に時を移して脚色した全10段からなる踊りです。
綾きり(港地区):港地区の名勝を歌った歌と太鼓の囃子に合わせて、14人が踊ります。
牛若丸(港地区):母の常磐御前が現れて、恨みを晴らしてほしいと言った踊りです。
佐々木巌流(港地区):佐々木巌流が遺恨を晴らそうと、吉岡太郎左右衛門を闇討ちするという語りに合わせた踊りです。
稲作踊り(榎田地区):江戸時代に始まったと伝えられ約300年の歴史があります。土地を耕すところから、米を精米するところまでを江戸時代の農具・民俗衣装で再現した踊りです。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方