地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 宮崎/都城市
(
みやこのじょうし)

(旧山田町
(
やまだちょう)
)   
■関連分類:
霧島きりしまかれて・・・ 〜薩摩さつま息吹いぶき現在げんざいつむ山田やまだ郷土芸能きょうどげいのう



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 30 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 霧島盆地に広がる山田町は、延喜式に島津駅と記されています。平安時代、平季基が開墾し、藤原頼道に寄進したと伝えられ、島津荘の始まりとされています。相撲甚句、明治34年 前田正名が水路を開発、水田が作られるようになり、人々にゆとりが生まれました。相撲大会や、夏祭りが行われるようになり、これが進展して、相撲甚句が出来上がりました。瀬茅地区の諏訪神社に五穀豊穣を祈って、俵踊りが始まりました。慶長3年島津義弘は朝鮮の役に出兵、苦難の末勝利を得たが、これを期に、農民皆兵のため棒踊りを奨励したのが平山の棒踊りです。山内一地区の「バラ踊り」は、1352年足利尊氏が建立したとされる安原神社に奉納される踊りで、熊襲との戦いを表すと伝えられています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方