地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 奈良/橿原市
(
かしはらし)
   
■関連分類:
奈良県無形民俗文化財ならけんむけいみんぞくぶんかざい すすつけまつり



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 20 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 毎年節句にの前日に橿原市地黄町(ジオチョウ)で行わてる、子供の健康と豊作を祈願する伝統行事です。
 5月4日の夕刻、村中の子どもがパンツ姿で鐘を合図に飛び出し、各家から集めて油で練ったすすを持った大きい子どもが追いかけて、すすを塗り付け、最後に人麿(ヒトマロ)神社の境内に行き、ここで最後のすすのつけあいをして終わります。黒くなるほうが健康になるといわれています。
 風呂に入ってきれいになった子どもたちは、世話人の家(当家屋(トウケヤ))で泊まり、翌朝早く野神塚(ノガミツカ)へ参拝します。前日作った絵馬や大きな藁(ワラ)の蛇・酒・塩・海産物・農産物を供えて健康と豊作を祈ります。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方