地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 熊本/菊陽町
(
きくようまち)
   
■関連分類:
馬場楠ばばぐす獅子舞ししまい 〜御法使おほうしまつり〜



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 57 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 お法使まつりの神事の際に舞われるのが馬場楠の獅子舞です。お法使まつりとは、毎年10月30日に行われる津森(ツモリ)宮の祭りで菊陽町益城町(マシキマチ)、西原村(ニシハラムラ)の12地区で、各地区が1年間オホシサンと呼ばれる御身体を祀り次の地区へ渡すものです。この祭りの特徴は、御輿を受け渡し場所へ運ぶ途中に地面に投げたり、転がしたりする事です。獅子舞は馬場楠地区にだけ受け継がれており、重厚な獅子頭を持ち、獅子楽に合わせて前後2人で舞う勇壮な舞いです。舞手の他に、玉取り(タマトリ)(子ども)、三味線、笛、太鼓等総勢40名がこれにあたります。獅子楽としては、道楽(ミチガク)、十善寺楽(ジュウゼンジガク)、松囃子(マツバヤシ)、田島楽(タジマガク)、竹囃子(タケバヤシ)の5つの舞からなり、余興として玉取りを行います。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方