地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 秋田/大仙市
(
だいせんし)
   
■関連分類:
秋田県無形文化財指定あきたけんむけいぶんかざいしてい 国見くにみささら



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 27 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 秋田県仙北地方に伝わる数多くの「ささら」は、大きく分けると南部系と関東系の二つに分かれます。国見さららは佐竹士族から伝わった関東系のさららです。佐竹公のお国替えの際には、さららの一団が行列の先を進み、行く先々の悪霊地霊を払い鎮めるために舞ったと伝えられています。その舞い姿には力強はもちろん品格がうかがえます。
 ささら舞いには四つの種類があります。家々を回る路上や神社でも舞われる「神立(カンダチ)」、主に神社で舞われる「神楽」、仏前や墓場で舞われる「霊慕(レンボ)」、仏前で行われ、一名供養ささらと呼ばれる「眠り(ネマリ)」です。一つの舞いが終わると、道化者のカッキリ(ザッツァカ)の扇舞で舞い納めとなります。
(行事開催日:7月下旬〜8月下旬)

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方