地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 東京/瑞穂町
(
みずほまち)
   
■関連分類:
箱根ヶ崎獅子舞はこねがさきししまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 61 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

箱根ヶ崎獅子舞の由来は、つまびらかではないが、明治26年、山田範録(半六)の再生記によると、江戸時代には盛んでしたが、元治元年(1864)幕末の世情騒然たる時期に一時中止となったものを明治のなかばに再興について有志にはかり、賛成を得て「明治の再生」となったといいます。明治26年10月13日、鎮守の臨時祭礼を執行し獅子舞を奉納しました。以来、大正時代にも、狭山神社の祭礼や加藤神社の祭礼にも奉納しました。箱根ヶ崎の人々は獅子舞を奉納することによって五穀豊穣や雨乞い、家内安全を祈願してきました。昭和44年に保存会が結成され、昭和47年3月に町指定無形民俗文化財に指定され、町の伝統芸能として大切にされています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方