地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 佐賀/佐賀市
(
さがし)
   
■関連分類:
佐賀県重要無形民俗文化財さがけんじゅうようむけいみんぞくぶんかざい 見島みしまのカセドリ行事ぎょうじ 伝統でんとうつぎ世代せだい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 37 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

佐賀市蓮池町(ハスイケマチ)に残る「見島のカセドリ行事」は、小正月の行事として、毎年2月の第2土曜日に行われています。起源は定かでないが、古老の話によれば、鍋島候が蓮池に城を築きその城主になって以来、およそ350年続いているといわれています。雄鳥役と雌鳥役は未婚の男性が勤めます。蓑と笠をつけ仮装することで、神になり、神社での奉納の後、各家を廻って、祝福をもたらす、来訪神(ライホウシン)の行事である。他に「ちょうちん持ち」二人、「天狗持ち」二人、「御幣(ゴヘイ)持ち」一人、「かご担い」二人、謡(ウタ)い三人で構成され、各家を廻ります。佐賀県内で唯一残されているこの行事は、民俗学的にも貴重とされ県の重要無形文化財に指定されています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方