地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 熊本/嘉島町
(
かしままち)
   
■関連分類:
熊本県重要無形民俗文化財くまもとけんじゅうようむけいみんぞくぶんかざい 六嘉ろっか獅子舞ししまい 〜みずさと嘉島町かしままち



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 43 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 嘉島町下六嘉(シモロッカ)には、昭和36年県指定重要文化財の「六嘉の獅子舞」が継承されています。毎年10月17日の六嘉神社秋の大祭に奉納され、五穀豊穣が祈願されます。六嘉の獅子舞は、まず「出端(デハ)」が舞われるが、これは出陣を表しています。次に「ツリ」と呼ばれ戦士の装束の稚児と獅子の戯れを現し、獅子はこの玉使いに操られます。それが終わると「棒使い(ボウツカイ)」が舞われます。これは子供が大きくなって戦士となり、獅子と戦う様を表しています。「モヤ」は雄獅子と雌獅子の愛情交換を描くとされ、やがて「タナ上がり」でクライマックスを迎えます。20mの柱に獅子が登り、先端に付けられた牡丹の花をもぎ取って投げます。これを捕ったものは、1年無病息災で過ごせるといわれています。大祭の翌日、世話役の庭先で「別れ獅子(ワカレジシ)」を舞って、六嘉の獅子舞を終えます。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方