地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 宮崎/木城町
(
きじょうちょう)
   
■関連分類:
かおたか文化ぶんかいだかれて 〜木城町きじょうちょう伝承でんしょうされる郷土芸能きょうどげいのう



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 30 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 この地方は、8月の中旬をお盆としている家が多く、「比木の盆踊り(ヒキノボンオドリ)」は、お盆の行事の一つとして、地元の婦人会を中心とする保存会により継承されています。盆踊りは13〜14日(主に14日)の夜、初盆の家々の庭先で先祖の供養のために踊られます。集団の慰霊行為が習俗化したものといわれています。踊りの演目は“よったけ”“豊年踊り(ホウネンオドリ)”“手踊り(テオドリ)”“兵語(ヒョウゴ)”“地踊り(ヂオドリ)”の5つで構成されています。「中之又神楽(ナカノマタカグラ)」は毎年12月の第2の土日、寒い時期に33番の神楽が夜を徹して舞われます。その歴史は200年とも400年とも言われ、神社に保管されている“神楽問答集”に細かく神楽が記載されています。“舞殿(マイデン)”が神社の隣の地面に畳を敷いて作られるのは珍く、この神楽は“神体(シンタイ)出現”の神楽といわれ、第15番“荒神舞(コウジンマイ)”では、“神体”と“神主”の問答が入り特徴的です。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方