地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 鹿児島/薩摩川内市
(
さつませんだいし)

(旧祁答院町
(
けどういんちょう)
)   
■関連分類:
祁答院町けどういんちょう郷土芸能きょうどげいのう 〜次代じだい文化遺産ぶんかいさん



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 59 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 上手地区には「上手(カミデ)太鼓踊り」が、毎年10月8日の豊ひるめ神社例大祭に奉納されます。起源は、朝鮮出兵から帰国した、島津義弘公が推奨したものと言われています。“鉦打ち”“カラ太鼓打ち”“ヒラ太鼓打ち”で構成され、演目は“二段”“三段”“びな巻き”“四竿(シサオ)”“山田楽(ヤマダガク)”などがあります。馬頃尾地区(マコロベチク)には10月12日に南方神社例大祭(ミナミカタジンシャレイサイ)で奉納される「馬頃尾太鼓踊り」、川東地区(カワヒガシチク)の「川東バラ踊り」があり、継承されています。馬頃尾太鼓踊りの構成は、上手地区と同様ですが、演目は“門楽(モンガク)”“進入(シンニュウ)”“びな巻き”となっています。川東バラ踊りは“バラ組”“鉦組”で構成され、“タナバタ” ”ツルダ” ”柏原” ”デハ”などの2演目があります。黒木地区は9月下旬から10月上旬の大楠(オオクス)神社例大祭に黒木文化少年団により「黒木鷹踊り」が奉納されます。男は“鷹役(タカヤク)”女は“餌刺役(エサシヤク)”を演じます。そのほか、麓西地区の「麓西(フモトニシ)虚無僧踊り(コムソウオドリ)」、菊地田地区(キクチダチク)の「種子島踊り」などが収録されています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方