地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 新潟/長岡市
(
ながおかし)

(旧小国町
(
おぐにまち)
)   
■関連分類:
伝統でんとう小国和紙おぐにわし



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 31 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

新潟県の南西に位置する長岡市小国町は300年以上の歴史を持つ県内有数の和紙の産地です。小国和紙の製造過程は楮の栽培から始まって、芽欠き作業、刈入れ、楮蒸し、皮むき、紙たたきなど多くの工程を経て製品になります。ここでは小国和紙ができるまでの過程を紹介しています。和紙は古くは日常の帳面や書道用、障子紙、行燈や花火、凧などに使われました。小国和紙の持つ美しさ、強靭さ、柔らかさは数少ない伝統民芸紙として親しまれています。今では高級な紙として、酒のレッテル、包装紙、絵画、壁紙などに利用されています。雪を利用した技法は、昭和48年に国の無形文化財選択記録に指定され、昭和49年に県の無形文化財に指定されました。現在、小国和紙は2軒のみで漉かれ伝統を受け継いでいます。その伝統技法を受け継いで、純楮100%の和紙をすいている紙すき職人の技法を紹介しています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方