地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 新潟/長岡市
(
ながおかし)

(旧栃尾市
(
とちおし)
)   
■関連分類:
栃尾市とちおし伝統芸能でんとうげいのう



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 55 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

新潟県栃尾市は、上杉謙信公ゆかりの地として歴史的にも古い土地柄です。この町に伝統芸能がいくつか伝えられています。
 葎谷(ムグラタニ)地区には、300年も前に始まったとされる神楽があります。昭和29年に栃尾市葎谷神楽保存会が発足、以来毎年正月の2日に家々を回って神楽を踊ります。神楽の演目は“宮舞(ミヤマイ)”“岩戸舞(イワドマイ)”“面神楽(メンカグラ)”などです。
 北荷頃(キタニゴロ)地区には「太々神楽」が伝わっています。明治17年、巣守神社樂人会が結成され、以来、出雲流(イズモリュウ)の里神楽(サトカグラ)が奉納されてきました。昭和39年に巣守神社太々神楽保存会が結成され、今日に引き継がれています。
 西中野俣(ニシナカノマタ)地区では、江戸末期に十日町から伝えられたと言われる「広大寺」踊り」が伝えられています。“踊り手”“歌い手”“地方(ジカタ)”(三味線、笛、太鼓)から成り、毎年地域の広場で披露されています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方