地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 福島/二本松市
(
にほんまつし)
   
■関連分類:
福島県重要無形民俗文化財ふくしまけんじゅうようむけいみんぞくぶんかざい鈴石神社すずいしじんじゃ太々神楽だいだいかぐら



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 61 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 ヤマトタケルノ命(みこと)が祭られている、鈴石神社の社殿は、幕末の1863年に改築されたとの記録がある。同社の神楽殿は古く、1564年に建立されたとの記録にあり、当時から巫女舞(みこまい)が行われていた。現在同社に伝えられている「太々神楽」は福島県の重要無形文化財に指定され、“鈴石神社太々神楽保存会(すずいしじんじゃだいだいかぐらほぞんかい)”により、春・秋に行われる祭礼の折に奉納されている。
 「鈴石神社太々神楽」は、“烏帽子(えぼし)”“鳥兜(とりかぶと)”等かぶりものや“太刀”“扇子”“弓矢”等のとりものを、また面は、古面14面、新面21面を擁するが、新面が使用される。演目は全26座が伝えられているが、映像はこれら全ての演目に亘り紹介している。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方