地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 新潟/阿賀町
(
あがまち)
   
■関連分類:
阿賀町指定文化財あがまちしていぶんかざい 石戸獅子舞いしどししまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 46 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 阿賀町石戸(あがまちいしど)地区は、32戸91人の集落である。この地域の「三社神社(さんしゃじんじゃ)」に毎年奉納されるのが「石戸獅子舞」である。“一人立ち三匹獅子舞”の形をとっていて。「風立獅子舞(ふりゅうししまい)」とも言われている。この獅子舞は、昔この地域が、旧会津藩に属していたことから、江戸年間とも明治時代とも言われているが、会津彼岸獅子から伝わったものではないかとされている。昭和35年笛の奏者が亡くなり、中断されたが、時が経ち、復元に向け努力される中、鶴岡へ移住していた笛の奏者から伝授を受けることができ、昭和49年復元、昭和50年には「獅子舞同好会」を結成した。演目「三体の舞」は雄獅子(おじし)、雌獅子(めじし)、太夫獅子(たいじし)が揃って踊る。「雌獅子の舞」は雌獅子が踊る。「雄獅子の舞」は最も激しい踊りなので、演者が入れ替わって踊る。「幕はり」という役目があり、幕を引いているが、この幕が獅子舞の前後に移動し、獅子はこの幕に絡むように踊るのが、特徴的である。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方