地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 岩手/一戸町
(
いちのへまち)
   
■関連分類:
面岸おもぎしの「つく



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 49 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 「箕(み)」とは、粟(あわ)、稗(ひえ)、小豆(だいず)等の、箕を煽ることによって、実とごみ分ける道具のことである。単純ながら実に機能的である。岩手県一戸町面岸は、約400年前“九戸(ここのへ)の乱”で敗れた武将や家臣たちが住みついた集落である。この地では、昔からこの「箕」が作られてきた。歴史は古く、江戸時代の末には全戸で作られていたという。「箕」は秋田、下北、久慈等東北地方一帯に販売されていた。
 「箕」の材料は、大部分が“さるなし”(つる性の植物)で作られ、“根曲がり竹”、“サクラの皮”“柳の皮”等が使用される。「箕」作りの数少ない承継者
岡本米蔵(おかもとよねぞう)氏は、すべて手づくりで自然の材料のみを用いた「箕」作りが認められ、「日本民芸館賞」を受賞した。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方