地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 石川/珠洲市
(
すずし)
   
■関連分類:
蛸島早船狂言たこじまはやふねきょうげん



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 59 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

9月11日、高倉彦神社の秋祭りで、神輿が夜遅く、神社に還御すると舞殿で早船狂言が始まります。合図の太鼓が鳴り、拍子木で床板を叩くと、口上人が現れ早船由来口上書を奉読します。舞台には長さ15尺(4.5m)の漆塗の船一艘とその上には、木偶人形7体が配してあります。口上が終わると出歌がうたわれ、船頭と艫取が出て掛合を演じ、船出を促して狂言は終わります。早船狂言は、いつの頃に起こったのか、はっきりしていないが、漆塗の飾早船や口碑によれば、今から約220年前と言われています。狂言の内容は絶世の美男子、長右衛門という船頭が揚屋の芸者、高尾高崎にドント打込み、水夫たちの再三のすすめにも応ぜず、一向に船を出さないので、ある日とうとう艫取と掛合になると言う場面です。平成8年9月14日石川県無形民俗文化財に指定されました。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方