地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 和歌山/田辺市
(
たなべし)
   
■関連分類:
大瀬おおぜ太鼓踊たいこおどり<国選択・県指定無形民俗文化財くにせんたく・けんしていむけいみんぞくぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 33 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

田辺市本宮町の大瀬(おおぜ)地区に伝わる太鼓踊りは、平氏にまつわる踊りで、昔この地に泊った旅人が、出されたシイタケのおいしさに感動し、お礼に踊ったのが始まりといわれている。初期には200曲目を数えた踊りも、明治には40曲ほどに整理された。この太鼓踊りの特徴は、締太鼓(しめたいこ)を首からつるした太鼓打ちの周りを、扇子を持った踊り手が囲み、音頭取りの歌に合わせて踊るもので、昔はこの威勢のよい音頭取りの役を奪い合ったといわれている。太鼓は「お庭参り(入場)」「へんよう(走り)」「しんのび(中走り)」「おたか(大走り)」の4つの調子が伝えられている。現在では高齢化も進み踊り手が少なくなったが、近隣在住の大瀬出身者らも参加して保存会が作られ、また小学生(4〜6年生)も参加して、毎年、お盆に踊られ継承されている。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方