地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 福島/郡山市
(
こおりやまし)
   
■関連分類:
岩倉いわくら獅子舞ししまい <市指定重要無形民俗文化財ししていじゅうようむけいみんぞくぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 56 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

「岩倉の獅子舞」は、毎年10月第2土曜日に、鬼渡神社(にわたりじんじゃ)に奉納される。江戸時代、天明の飢饉の時に、豊作を祈念して舞われたのが始めとされる。太郎(たろう)獅子、次郎(じろう)獅子、女獅子(めじし)の三匹構成で、鶏の形をした獅子頭が大きな特徴となっている。衣装はそれぞれが袴、白足袋を着けるのが特徴的で、踊り手は氏子の小学生男子が選ばれる。舞は「大縄渡り」「十戸前」「宿入り」「通下げ」「通くず志」「ませ=棒舞」「弓舞」「扇舞」「うき」「唄切」「神舞=噛み合い」「礼」の12演目となっており、この演目を見てもかなり特徴的なものであることが解る。
因みに地名の「片平」とは、水の便が良く、しかも水害はなく、近くに平野を臨む丘陵の傾斜地がある場所を片平と呼ぶ大変素晴らしい所であるそうな。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方