地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 埼玉/秩父市
(
ちちぶし)
   
■関連分類:
三峰みつみね獅子舞ししまい市指定無形民俗文化財ししていむけいみんぞくぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 69 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

三峯神社の由緒は、景行天皇が日本武尊を東国に遣わされた折に創建されたと伝えられる関東屈指の霊峰である。 「三峰の獅子舞」は当社の末社で、安産・疫病除けの神として勧請された諏訪神社の大祭に毎年奉納されている。 獅子舞は三匹獅子舞で「雄獅子」「雌獅子」「太夫獅子」で構成されるが、新旧2組の獅子頭があり、舞手は6人となる。 現在では8月第4日曜日に行われているが、この獅子舞は、着物に袴(はかま)、白足袋姿でゴザや畳の上で舞うのが特徴で、「お座敷ささら」、「御殿ささら」と呼ばれる。 また、静かにゆったりとした女性的な舞姿から「じょなめき」とも呼ばれている。 由来は、江戸時代末期、奥多摩の日原(にっぱら)から伝えられたといわれ、演目は、出端(では)、花割り(はなわり)、一本花(いっぽんばな)、剣掛り等、現在は16庭(にわ)が舞われている。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方