地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 大阪/八尾市
(
やおし)
   
■関連分類:
恩智神社卯辰祭供饌行事おんぢじんじゃうたつさいきょうせんぎょうじ市指定無形民俗文化財ししていむけいみんぞくぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 62 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

恩智神社は八尾市の恩智に所在する神社で、大御食津彦命(おおみけつひこのみこと)と大御食津姫命(おおみけつひめのみこと)を主祭神とする。 その名の通り、農作物の豊作祈願に由来した行事が多い。 「卯辰祭供饌行事」または「御供所神事(ごくしょしんじ)」が行われる祭礼は、11月25日に宵祭り、26日に本祭りが行われる。 神社にお供えする御供(ごく)を作ることそのものが神事であり、市の無形民俗文化財に指定されている。 御供は、「御供所講(ごくしょこう)」または「御供所の社家」といわれる世襲された13家を中心に餅が2種類、団子が3種類作られる。当日は朝8時に禊(みそぎ)をし、専用の衣装を着けた関係者は拝殿に臨み、宮司からお祓いを受けると共に「ご神火」を戴き、御供所に移動して、竈(かまど)にこの火を移す。
以後、斎食を戴いた後、餅と団子作りとなる。 出来上がった餅と団子を拝殿脇に安置し、労いの直会(なおらい)を行い終了となる。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方