地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 埼玉/深谷市
(
ふかやし)
   
■関連分類:
堀米獅子舞ほりごめししまい」<市指定無形民俗文化財ししていむけいみんぞくぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 94 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

天明3年(1783年)浅間山が大噴火を起こした。 噴火により、軽石や火山灰で覆われた田畑は荒れて、以後数年にわたって作物が取れず、飢饉や疫病が蔓延した。 この苦境を切り抜けるため、村人たちが相談し、伊勢国度会郡(いせのくにわたらいぐん)山田から獅子舞の伝授を受け、鎮守し奉納したことがこの獅子舞の始まりといわれている。 構成は「雄獅子」「雌獅子」「法眼(ほうがん)の3頭からなり、お囃子は「笛」「太鼓」「唄」であり、これに合わせて舞う。 演目は「いれは」「おんべ掛かり」「ひら」「雌囃子隠し」「橋掛かり」等とされる。 古くは門外不出、一社相伝で氏子中の長男を担い手とし、祭日の一カ月も前から沐浴斎戒(もくよくさいかい)し祭りに備えたというが、今日では広く育成を行い、富士神社秋季大祭を目指して熱心に練習が行われる。 秋季大祭は、10月上旬から中旬にかけて行われる。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方