地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 高知/室戸市
(
むろとし)
   
■関連分類:
椎名しいな太刀踊たちおどり」<県指定無形民俗文化財けんしていむけいみんぞくぶんかざい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 26 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

 室戸市室戸岬町の椎名八王子宮(しいなはちおうじぐう)では、毎年10月14日の宵宮(よいみや)と15日秋季祭礼にて、神輿の神幸と、「太刀踊り」が催される。「太刀踊り」の起源は、承平5年土佐国司紀貫之(きのつらゆき)が帰国の際、同行していた楽人和田部用光(わたべもちみつ)が椎名の人々に踊を教えたことから始まったとされる。楽器として、鉦や太鼓を用いずに、拍子木で板を叩いて音頭を取り、踊には歌舞伎の見得と似た所作を見せるなど特徴となっている。今後継承への課題はいかに踊り手を集めるかであり初めて女性も加わった。また神輿を沖へ押し出し、荒波を被りながら左右に振って行う勇壮な「神輿洗い」もこの祭りの見どころである。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方