地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 福島/二本松市
(
にほんまつし)
   
■関連分類:
福島県指定重要無形文化財ふくしまけんしていじゅうようむけいぶんかざい>「小浜長折おばまながおり三匹獅子舞さんびきししまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 39 分
関連リンク

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。

 毎年5月4日、下長折(しもながおり)の諏訪神社に三匹獅子舞が奉納される。岩代(いわしろ)地域には滝洞(たきほら)、東方(ひがしかた)、中洞(なかほら)地区があり、滝洞地区は「滝の荒獅子」等勇壮な獅子舞が特徴であり、東方地区は「花吸いがかりの獅子」とも呼ばれ比較的おとなしい舞である。また、中洞地区は「庭虫(にわとり)がかりの獅子」と呼ばれ、全体的に優美で技巧的であることが特徴で、それぞれ異なった獅子舞が伝承されている。
三匹の獅子は「太郎獅子」「次郎獅子」「雌獅子(めんじし)」で構成される。祭礼当日諏訪神社境内では、まず午前に年少者による「奉納獅子」が舞われ、午後からは年長者による「手伝い獅子」が奉納される。「みちぎり」「町囃子(まちばやし)」「舞込み」「宿入り」等10演目ほどが披露される。
奉納の翌日は、それぞれの地区で、“庭元”の家に女性を招き「庭がため」を披露して一連の行事を終える。【平成26年度制作】

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方