地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 埼玉/東秩父村
(
ひがしちちぶむら)
   
■関連分類:
東秩父村指定無形民俗文化財ひがしちちぶむらしていむけいみんぞくぶんかざい>「浅間神社あさまじんじゃ獅子舞ししまい」〜大内沢地区おおうちざわちく伝承でんしょうされる獅子舞ししまい記録記録



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 108 分
関連リンク

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。

 西暦1,500年の頃、当地区に悪病が流行し、村人が困窮した時、龍頭(たつがしら)を用いて氏神(うじがみ)浅間神社に奉納し、悪病退散、病気平癒を祈念したのが始まりといわれている。獅子舞の流儀は「ツシマ流」と伝えられており、構成は「牡獅子(前獅子)」「牡獅子(中獅子)」「牝獅子(後獅子)」の3頭である。いずれもタッツケ袴を付け、ワラジ履きで舞う。演目は「幣(へい)掛り」「まり掛り」「太鼓掛り」「竿掛り」「雌獅子」「弓掛り」「花割り」の7庭(しば)となっている。
最近は子供達も参加するなど後継者の育成が積極的に行われている。<平成29年度>

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ブロードバンド
  1Mbps

本 編  ブロードバンド
  1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方