地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 福島/郡山市
(
こおりやまし)
   
■関連分類:
郡山市指定重要無形民俗文化財こおりやまししていじゅうようむけいみんぞくぶんかざい>「北高倉きたたかくら獅子舞ししまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 6 分
関連リンク

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。

 郡山市の東方に位置する中田町には、古くから伝わる獅子舞があり、古文書に依れば、享保の頃から始められたとある。中田町の獅子舞は地域毎に「北高倉」、「南高倉」と称され、昔は互いに争ったこともあるそうだが、春は「北高倉」、秋は「南高倉」が当番となって、それぞれ「菅布禰(すがふね)神社」に舞を奉納している。
 舞子は八才〜十八才の長男と定められている。構成は「太郎獅子」「次郎獅子」「女獅子」「金切(ひょっとこ)」となっている。演目は「女獅子舞」「次郎獅子舞」「太郎獅子舞」など11演目が約一時間かけて舞われる。
 当日は、衣装を着けた宿の近くで、最初の舞を披露し、次いで本番の「菅布禰神社」への奉納舞が行われる。
(広報・普及編)

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ブロードバンド
  1Mbps

本 編  ブロードバンド
  1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方