地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 山口/宇部市
(
うべし)
   
■関連分類:
大樹たいじゅまい 楠町くすのきちょう岩戸神楽舞いわとかぐらまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 28 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

岩戸神楽舞は、山口県宇部市万倉二道祖の御伊勢山皇大神宮に奉納するため、約240年前に始められました。毎年12月5日の夜、約4時間かけて奉納されます。この神楽舞は、太鼓・笛・鉦の五調子囃子に合わせ10種12座を舞います。最初に神楽舞(一〜三番)・三宝の舞を舞い、天井に吊るした天蓋の操作を挟み、榊の舞・鉾の舞・剣の舞の順に続きます。次に祝詞の舞で祝詞を奏上し、そして天の岩戸の神話にちなんだ岩戸の舞・姫の舞・鬼の舞の三座が続き、弓の舞で終わります。二道祖の神楽舞は、原則1m四方の限定された範囲内で舞います。岩戸神楽舞としては質朴な扮装で、採物の舞の多いことが特徴とされ、古式を今に良く伝えています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方