地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 徳島/阿南市
(
あなんし)

(旧那賀川町
(
なかがわちょう)
)   
■関連分類:
はら獅子舞ししまい



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 56 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

文化11年(1814)の文書には、すでに「原村獅子」との記録があり、原の獅子舞の歴史は約200年前からあることが分かります。大正時代以降、獅子舞は、2回の中断及び復活を経たが、現在は後継者不足のため、祭りでの奉納は中断されています。獅子舞は、三栗の八幡神社の秋祭り(オオマツリ)に出ていました。オオマツリには、平島村の12のムラからダンジリが寄ってきており、獅子は、悪魔払いの意味でダンジリの先頭を進んだが、オオマツリにおける獅子舞の披露は、必ず最後でした。早い時間に祭りの花形である獅子舞をすると、見物客が皆、そこで帰ってしまうからです。原の獅子舞は、周辺各地にも伝えられており、羽浦神社、木岐(海部郡)の八幡神社の獅子舞も原から伝えられたものだといいます。平成11年には、那賀川町の無形民俗文化財に指定されています。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方