地域文化資産 ポータル地域の伝統芸術等に関わる映像を公開するポータルサイト

詳細表示
 佐賀/武雄市
(
たけおし)
   
■関連分類:
ふるさとのまつり 高瀬こうぜ荒踊あらおど



◆ダイジェスト: 3 分
◆本 編: 61 分
関連リンク
Windows Media Player を入手する

●この映像をご覧になるためには、Windows Media Playerが必要です。 上記サイトから無償でダウンロードできます。

荒踊りは旧武雄領内に伝承される民俗芸能で、その起源については諸説あるが、一説に享禄3年(1530)、島原の有馬氏が武雄を攻めて住吉城(杵島郡山内町)に迫った時、武雄領主の後藤純明が夜襲によってこれを破り、その戦勝祝いとして足軽たちが即興的に踊ったのが始まりといわれています。武雄の荒踊は、中野・高瀬・宇土手の3団体が昭和52年「武雄の荒踊」として国重要無形民俗文化財の指定を受けました。高瀬の荒踊りは、毎年9月23日松尾神社に奉納されています。作品は練習風景と奉納当日を撮影したものです。高瀬地区の荒踊りは素朴で力強いのが特色です。

最適な接続速度に合わせてお選びください。
ダイジェスト  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

本 編  ナローバンド ブロードバンド ブロードバンド
  56Kbps 300Kbps 1Mbps

◆56kbps:電話回線の方 ◆300kbps:ADSL,CATVの方
◆1Mbps:光回線の方