• 地域文化資産チャンネル
  • 一般社団法人 地域創造

かみがみがまういぐのさと ざおうやまぶしかぐら(おおうちやまぶしかぐら)

神々が舞う伊具の里 蔵王山伏神楽(大内山伏神楽)

宮城 / 丸森町 ( まるもりまち ) 関連分類: 祭り 芸能

丸森町大内に古くから伝承されてきた修験神楽の紹介です。言い伝えによると、今から1200年前の昔、出羽の国鳥海山で修験道の高祖役小角(えんのおづぬ)が、国家安泰、五穀豊穣、諸病退散を祈願し始めたものといわれています。室町時代に諸病退散のために当地に伝承されたといわれ、正月14日の厄払い祈祷に依頼され民家の座敷で舞われています。その実際の現場で密着取材し、神楽の由来や舞の内容と、それらを支えてきた修験(山伏)と村人の人たちとの関わりを紹介したものです。



市区町村または関連団体へのリンク
http://www.town.marumori.miyagi.jp/


※お祭り・行事などの最新の開催状況は、各地域の情報をご確認ください

カテゴリー

page top