• 地域文化資産チャンネル
  • 一般社団法人 地域創造

「ぶんかのけいしょう」さかえむらのかぐら

「文化の継承」栄村の神楽

長野 / 栄村 ( さかえむら ) 関連分類: 祭り 芸能

 栄村は長野県の最も北の奥に位置し、新潟県の松之山と接している。当地には室町時代から続くとされる神楽が伝えられ、この神楽は二人立ちの獅子舞が基本とされる。当時「伊、勢の大神楽」は、全国いたるところで行われたが、その影響を受けたともいわれる。明治時代初期の神仏分離以降、現在に近い形の神楽が始まったとされる。一方、明治から大正にかけて隣の松之山の神楽が最も盛んだったことから、その影響を受けたともいわれている。栄村では、人口の減少に伴い、集落毎に行われる神楽を相互に助け合い、盛り立ててきたが、助け合いの中で、その際影響を受けて帰ったり、あるいは入り婿によって持ちこまれたりしながら、少しずつ集落ごとに異なる「舞」になったのではないかとされている。演目としては、「油単舞(よたんまい))」「御幣舞(ごへいまい)」「サイトリ舞」「天狗の舞」「天狗の道きり」「シメキリ(結界の注連宇を切る)」「天狗と獅子の舞」等が伝えられている。



市区町村または関連団体へのリンク
http://www.vill.sakae.nagano.jp/


※お祭り・行事などの最新の開催状況は、各地域の情報をご確認ください

カテゴリー

page top