• 地域文化資産チャンネル
  • 一般社団法人 地域創造

かつらはたじぞうおどり

桂畑地蔵踊り

三重 / 津市(旧美里村) ( つし(きゅうみさとむら) ) 関連分類: 祭り 習俗

 桂畑(カツラハタ)地蔵踊りは、津市の西部、山間に開けた鮮やかな水田風景が美しい美里町の桂畑地区に伝わる伝統行事です。毎年8月24日、地蔵盆の日に洞雲寺(ドウウンジ)の子安観音菩薩に「かんこ踊り」が奉納されます。
 6名の踊り手に歌い手6名、貝吹き5名、笛吹き5名の演奏で構成される踊りは、夕方6時頃から始まり、夜の11時頃まで続けられます。
 踊りには「宮踊り」「寺踊り」など10番ほどの演目があり、豊年踊りの系列に属するもので、田植え姿に稲穂の象徴としての花を背負います。子宝・五穀豊穣を祈り、南北朝時代から続くと伝えられています。



市区町村または関連団体へのリンク
https://www.info.city.tsu.mie.jp/


※お祭り・行事などの最新の開催状況は、各地域の情報をご確認ください

カテゴリー

page top