• 地域文化資産チャンネル
  • 一般社団法人 地域創造

びぜんやきおおがまのさいげん ―しんごこくおおがめのとうどけんきゅう―

備前焼大窯の再現 ―新五石大甕の陶土研究―

岡山 / 瀬戸内市 ( せとうちし ) 関連分類: 技能

備前焼大窯について本サイトに掲載する第3作目である。第1作にて、53mの大窯が再現され、第2作では、実際に53m大窯による窯詰め焼成試験がおこなわれた。本編では大窯で焼成する大甕の陶土についての研究が行われた。大甕を制作するには「乾燥収縮」と「焼成収縮」の少ない陶土でなければ、ひびが入ったり、割れたりする。そこで、備前土に混ぜて使用するため各地の陶土が検討され多治見(たじみ)と信楽(しがらき)の土が選ばれた。この陶土を用いて「1石入り大甕」と「5石入り大甕」が制作され、収縮の少ない乾燥方法を選んで五カ月間の乾燥を成し、焼成試験が行われた。



市区町村または関連団体へのリンク
http://www.city.setouchi.lg.jp/


※お祭り・行事などの最新の開催状況は、各地域の情報をご確認ください

カテゴリー

page top